ホーム > 社長ブログ

社長ブログ 人材コンサルタント25年史

「未経験者をマネージャーにするアホ会社」

「未経験者をマネージャーにするアホ会社」 人材紹介コンサルタントのAさんと、彼の後輩B君の話になりました。 Aさん:「学生時代の後輩B君が      数か月前に異業界から転職して      人材紹介の仕事を始めたんです。      今は●●●社にいて頑張っていますが      なかなか大変そうです。」 私:「大変そうですか?    最初は苦労する人も多いですからね。    未経験だから仕方ないですよ。」 Aさん:「はい、始めたばかりなので大変なのは当然です。      ただ、B君の上司の人が      人材紹介業に関する理解が浅いようで      聞いていると、かわいそうになります。」 私:「へー、そうなんですか。    上司の人のどんな所が浅いと感じるんですか?」 Aさん:「例えば、ターゲットにする業界や人材...

続きを読む

「イジメの苦労を経験した先に?」

「イジメの苦労を経験した先に?」 以前、キャンディデートだったAさんのお話です。 Aさん:「父親が転勤族だったので      幼少時代は転居・転校を繰り返していました。      それをきっかけに転校先の学校でイジメにあってしまい      クラスメイトと率直に話せなくなりました。      これは黙っていた方がいいんだなと思いまして      自己開示できなくなった苦しい時代がありました。」 私:「それは苦しかったでしょう。    その苦しみから解放されるのに    どれぐらいの時間を要しましたか?」 Aさん:「うーん、普通に他人と会話できるようになったのは      つい4~5年前でしょうか?」 私:「え!! それでは社会人になってからですね?」 ...

続きを読む

「人の長所を見つければ、自分の長所も見つかるよね」

「人の長所を見つければ、自分の長所も見つかるよね」 自分のコンディションが 心身共にバッドサイクルの時は 誰にもあると思います。 そんな時に我慢して仕事するのは しんどいですよね? しかし、だからと言って勝手に休むわけにもいかないですね。 人に迷惑をかけなければ 大いに休んでもいいと思いますが 真面目な皆さんは、なかなかそうする事ができなでしょう? そうやって無理に仕事をしていると 余裕が無くなりますから 自然とネガティブな気持ちになって 周囲の人やお客様にも厳しくなってしまう事がありますよね。 そうすると、仕事もうまく行かなくなって 益々バッドサイクル...

続きを読む

「面接では自分の生き様を語れ」

「面接では自分の生き様を語れ」 面接においては 面接官の質問に対して 一般的な正論を答えても 「なんか当り前で新鮮味や個性に欠けるな」 と思われてしまい 内定に至らないケースが多いですよね。 しかし、 「正論など知らなくてもいい」 とか 「正論など考える必要もない」 とか 申し上げるつもりはありません。 ただ、面接官は 自分なりの考えや正論だと思う事を踏まえた上で 「何かその考えを裏付けるような実体験をしましたか?」 「何かそれにまつわるエピソードはありますか?」 という具体的で身近で実感のこもった話を聞きたいのです。 そのような具体的で身近なエピソード...

続きを読む

「肉食外国人コンサルタントに負けるな!!」

「肉食外国人コンサルタントに負けるな!!」 ヘッドハンターの方や外資系サーチファームに勤務されている方々から 「営業電話やコールドコールは、日本語より英語の方がつながりやすく  アポイントを取るのは結構簡単だよ」 というお話を時々お伺いします。 大手企業の代表電話や該当部署で電話を取っているアシスタントの方に 日本語で丁寧に営業電話の取次を頼んでも断られるという事は ほとんどの人材紹介コンサルタントが経験していますよね。 ところが、これを英語でやると つないでもらえる確率が上がります。 「英語で何か話していて  よくわからないけれど  とにかく●●さんの名前を言っています!!」 という感じで、思わず取り次いでしまうケースも多いようです。 私もJAC在籍中は 頻繁に外...

続きを読む

コンサルタントによる転職相談
ご登録はこちら

プロフィール


武谷 広人
人材ビジネス経験の蓄積と、自らのトップマネジメント経験を強みとする。経営幹部から専門職まで約500件の案件を成功に導く。

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ