ホーム > 社長ブログ

社長ブログ 人材コンサルタント25年史

「効率優先でサービス劣化じゃ、本末転倒だ」

「効率優先でサービス劣化じゃ、本末転倒だ」 多くのサービス業の会社がつぶれた原因がこれですよね。 払うべきコストは堂々と払って  「横綱相撲」 をとれなくなったら 大手人材紹介会社の存在価値も危いです。 大手にちゃんとしていただかないと 業界全体の評価に関わるので困ります。 特に古巣の評判は気になるので 尚更心配になってしまいます。 目先の効率ばかりを優先せず サービス業の基本に立ち返っていただきたい。 地に足が着いたサービスフローや 適材適所の役割分担をしていただきたい。 効率優先の行き過ぎた分業は ユーザー満足度を低下させ 結果として、業績は伸びずシ...

続きを読む

「小難しい人だと思われないように」

「小難しい人だと思われないように」 面接で 「この人、何だか小難しい人だなー」 という印象を与えてしまうと 必ずと言っていいほど不合格になりますよね。 それでは、どんな人が 「小難しい人」 だと思われるのでしょうか? 「小難しい」 という言葉を検索すると ⇒ 少しばかりむずかしい。   ちょっとめんどうである。   「―・い理屈をこねる」 「―・い顔つき」 と出てきます。 要するに、マネジメントしにくそうな人だという事ですかね? お付き合いしにくそうな人だという事ですかね? ・何かと言うと、難しい理屈をこねる。 ・素直に話を聞かない。 ・反論が多い。 ...

続きを読む

「人材コンサルタント難民?」

「人材コンサルタント難民?」 先日、人材紹介会社のマネージャーAさんとお会いして 自社のコンサルタント採用に関するお話をお伺いしました。 Aさん:「最近、人材紹介経験者採用に力を入れていまして      少しご年齢の高い方とも面接しているのですが      やはり経験者の場合は専門性が大事だと痛感しています。」 私:「ほー、経験者採用とは、この環境下で時代に逆行しているような気がしますが    専門性とは特定の業界や職種に関する知見という意味ですか?」 Aさん:「はい。      小規模の人材紹介会社では、時々あると思うのですが      業界や職種などの専門分野に関係なく      何でも好きにやってください      というやり方をしている会社がありますよね?      そのような会社で何となく数年やってきたような ...

続きを読む

「厳しい環境で鍛えられた人は?」

「厳しい環境で鍛えられた人は?」 先日、30代前半の人材紹介コンサルタントAさんとお話しました。 Aさんは以前、異業界の営業職でしたが 5年前に人材紹介会社に転職しました。 今はその会社から1年前に転職して 別の人材紹介会社のコンサルタントとして働かれています。 5年前に転職した最初の人材紹介会社はヘッドハンティングをやっていて 初めは、リサーチャーとして働かれていたそうです。 私:「今の会社はどうですか?    もう1年になりますよね。」 Aさん:「はい、おかげ様で楽しく仕事をしています。      以前の会社に比べたらストレスも少なく      こんなに楽をさせてもらっていいのかな?      という感じです。」 私:「前の会社は、そんなにきつかったですか?」 Aさん:...

続きを読む

「コンサルタント適性⇒返信が速い⇒約束を守る人」

「コンサルタント適性⇒返信が速い⇒約束を守る人」 人材紹介コンサルタント適性があるか? それはズバリ 電話でもメールでも 返信が速い人ですね。 返信が遅い人なのに トップコンサルタントになっている人など 私の記憶の中では見た事が無いです。 即断即決できない場合は 「申し訳ありませんが、今夜一晩考えて  明朝までに返事をします」 という返信でも良いのです。 そして、約束通りに 翌朝に返事をくれればいいです。 そのような期限も切らず だらだらと返事を延ばして 結局、こちらから再度プッシュしないと 何も返事をしない人は 人...

続きを読む

コンサルタントによる転職相談
ご登録はこちら

プロフィール


武谷 広人
人材ビジネス経験の蓄積と、自らのトップマネジメント経験を強みとする。経営幹部から専門職まで約500件の案件を成功に導く。

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ