ホーム > 社長ブログ > 「人材紹介会社立ち上げ成功事例」

社長ブログ 人材コンサルタント25年史

「人材紹介会社立ち上げ成功事例」

「人材紹介会社立ち上げ成功事例」

 

 

 

先週、人材紹介会社の経営幹部の方々との飲み会があった。

 

 

 

元インテリジェンスの近藤さんが幹事をやってくれて、

 

 

 

半年に1回ぐらい呼んでいただいている。

 

 

 

元インテリジェンスの宇都宮さんが経営する神田の地下室 「大寅」 に集まる。

 

 

 

下記、「大寅」さんのHPです。とても美味しく良心的なお店です。

 

http://r.gnavi.co.jp/p351800/

 

 

 

今回は、近藤さん(ヘッドハンター)、松井さん(サーチ会社役員)、高橋さん(インテ社員)、

 

 

 

林さん(ワークポート副社長)、奥山さん(ギークリー社長)、宇都宮さん(大寅オーナー)、

 

 

 

そして私だった。

 

 

 

・近藤さんはバリバリのヘッドハンターで、早くも年収はインテ時代の数倍になり、

 

毎晩飲み歩いている。お金と体力の使い道に困っている。

 

1億円たまったら政治家になるそうだ。

 

 

 

・松井さんは、元サイト・フライト(現インテリジェンス・エグゼクティブサーチ)の経営幹部で

 

現在は独立開業し、主にベンチャー企業のエグゼクティブサーチを手掛けている。

 

 

 

・高橋さんとは7年ぶりの再会で驚いた。同じ会社で働きお世話になった人だ。

 

いつの間にかインテの社員になり近藤さんの元部下である。

 

 

 

・宇都宮さんは、元インテで今は「大寅」のオーナー経営者で、いつもお世話になっている。

 

見るからに人柄の良い熱い方だ。

 

 

 

さて、問題は残りのお二人。

 

 

 

林さん(ワークポート副社長)、奥山さん(ギークリー社長)である。

 

 

 

このお二人の経営のやり方にKFSがあるのではないかと思うのだ。

 

 

 

結論から言うと、下記の成功要因があると思った。

 

 

 

1 採用

 

2 風土醸成

 

3 システム化

 

4 専門特化

 

5 経営者としての腹のくくり

 

 

 

リクナビネクストエージェントネットワークのランキングをご覧いただきたい。

 

http://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s00912.jsp?html_nm=agentnetwork/guide_agentnetwork_ranking_saishin.html

 

 

 

約400社の人材紹介会社が参画する中で、ワークポートは下記の結果だ。

 

 

 

・総合満足度4位

 

・転職決定人数2位

 

・紹介求人案件満足度4位

 

・カウンセリング・対応満足度6位

 

 

 

ギークリーは下記の結果だ。*まだ設立1年の紹介会社である。

 

 

 

・総合満足度3位

 

・転職決定人数6位

 

・紹介求人案件満足度1位

 

・カウンセリング・対応満足度1位

 

 

 

林さん(ワークポート副社長)、奥山さん(ギークリー社長)に共通するKFSがあると思う。

 

 

 

それが前述した下記の要因である。

 

 

 

1 採用(性格の良い人を積極採用する)

 

2 風土醸成(社内のコミュニケーションを促進する)

 

3 システム化(情報共有や仕事の効率化を推進する)

 

4 専門特化(得意な領域からこじあける)

 

5 経営者としての腹のくくり(質か量か方針を明確にする)

 

 

 

両社ともIT・ネット業界に強いという点では一致するが、

 

 

 

ワークポートは従業員100人、ギークリーは創業1年で10人未満の会社だ。

 

 

 

そんなギークリーは丁寧な仕事で他社との差別化を図るのは当然であり、

 

 

 

その結果が下記に現れている。

 

 

 

・紹介求人案件満足度1位

 

・カウンセリング・対応満足度1位

 

 

 

一方、売上10億円以上の規模になったワークポートが、質だけではなく量対応重視の

 

システム化を推進するのも当然である。

 

 

 

そこまでシステム化を推進しても、「決定人数2位」でありながら、「総合満足度4位」を

 

キープしているのは、さすがと言わざるを得ない。

 

 

 

・総合満足度4位

 

・転職決定人数2位

 

 

 

ギークリーもこのまま順調に大きくなれば、当然システム化に注力する。

 

いや、既に注力し始めている。

 

 

 

人間でなくてもできる、人間でない方が正確に早くできる、

 

そういう部分はシステム化に着手し始めている。

 

 

 

この2社の動向を観察すれば、立ち上げのKFSが見えてくる。

 

 

 

「当り前の事をやっているだけじゃないか?」と言う方もいらっしゃると思うが、

 

それならば、ご自分でできるかどうかやってみればいい。

 

実際はできない会社が多いのが実態だ。

 

 

 

このように多くの人材紹介会社の中でも、経営力の違いによって業績に大きな差が生まれる。

 

 

 

この事実は、いずこの業界も同じである。

 

 

 

「批判はしたけれど自分にできるだろうか」    みつを

 

 

 

合掌。

記事の一覧に戻る

コンサルタントによる転職相談
ご登録はこちら

プロフィール


武谷 広人
人材ビジネス経験の蓄積と、自らのトップマネジメント経験を強みとする。経営幹部から専門職まで約500件の案件を成功に導く。

カテゴリー

このページのトップへ